スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今年の写真展

 

 久しぶりの更新になりますが、気がつけばもうすぐ2012年も終わりです。

 こんな暮れも押し迫った時期に、恒例の写真展が開催されました。今回は支部創立35周年記念展ということで、会場の展示室をすべて借り切っての開催になりました。

 出展数も170点あまりと、例年になく多数の写真作品が展示され、ご来場者からのアンケートにも、とても見ごたえのある写真展でしたという感想が、多数寄せられていました。

 私もポートレート6点を展示し、案内状を差し上げた方が多数来場され、嬉しい悲鳴でした。

 さて、どこの写真展、美術展も同様かと思われますが、今回の写真展にも写真家のゲストをお招きして、講評をしてもらいます。
 それぞれ展示作品の写真を撮影した人たちは、自分の写真がどのように評価されるか、とても気になるものです。

 私も新人の頃は、講評する写真家の意見がとても気になる時期がありました。とくに自分にとって耳に痛い評価をされた時は、意気消沈することもしばしばでした。

 しかし同じ写真作品でもAさんはとても良いと評価し、Bさんはその反対の評価をすることが珍しくありません。組写真の場合など、さらに個々の写真について、評価がばらばらになることもあります。

 ということで、ある時期から自分の展示写真に対する人からの評価は、あまり気にならなくなりました。もちろん自分の写真を誉めてくれる評価はとても嬉しいものですが、むしろ自分にとって耳の痛い評価の方が大事なものだと思います。
 また、厳しい評価を与えてくれる人のほうが、愛情深い気持ちがそのコメントの中に込められているのではないかと思います。
 ほんとうにその人の作品を考えて、あえて厳しいコメントを言ってくれるのは、単に言いたい放題のことをまくしたてるのとは違い、悪意はないものです。あと少し頑張れば、ぐんと良くなるというエールがその評価の中に込められているものだと思います。

 撮影する側も評価する側も共に人間である以上、10人10色の感性を持っています。一枚の写真に対して評価がまちまちになってもひとつもおかしくありません。

 ということで、私は人からの評価から開放された時から、楽しみながら写真を撮影できるようになるのではないかと思います。もちろんきちんと自分の写真に対して、意見や感想を述べてくれる人たちの評価内容に耳を傾けて、それらを大切にすることは言うまでもありません。

 今回の写真展にご来場くださった方に感謝いたします。ありがとうございました。

300馬力の味

 

 昨日、新型レガシィDITターボモデルの試乗をしてきました。

 今回はフルモデルチェンジではなく、新型エンジンの投入によるマイナーチェンジです。

 友人二人がディーラーの発表会よりも早く試乗していたので、事前に感想を聞いていました。

 それによると、2000CC新型エンジンに直噴ターボをドッキングさせて、300馬力をたたき出す性能を期待して試乗したが、ターボラグが大きくて、発進時にアクセルを踏み込んでも、素早く加速しないので、期待はずれだったとのことでした。

 かなりがっかりした様子なので、これは自分でも試乗してみなければと思い、いつものディーラーに行ってきました。

 はたして試乗したモデルは、B4のリニアトロニックモデルだったのですが、二人の友人が口を揃えて言うほどターボラグの大きさを感じることはありませんでした。

 2月までフォレスターXTに乗っていたので、このクルマとの比較になりますが、フォレスターは4速ATのターボ、新型レガシィは8速リニアトロニックというCVTミッションを組み合わせたターボという違いを考慮しても、フォレスターの方が軽やかに加速していく印象はありました。

 フォレスターに比べてレガシィは、車体が大きく重いこともあるかもしれませんが、もう少し加速時のレスポンスを改善した方が、運転していて爽快感を感じることができると思います。

 価格はワゴンが3591000円、セダンB4が3433500円(消費税込み)ですが、これにマッキントッシュオーディオとカーナビのオプションを付けて諸経費を加えると、約400万円近い価格になることを考えると、決して安いモデルとは言い難いクルマなので、誰が運転しても気持ちの良い、不満が出ないようなクルマにしてほしいと思います。
 インテリアも従来の仕様とさほど変わらないクオリティであることも、その価格を考えると割高感があると思わざるを得ません。

 ということで、次期のフルモデルチェンジに期待したいと思いました。

ハルヒ参上

 
 ※画像:京都アニメーション

  4月になりました。

 4月は人の異動の季節ですが、テレビやラジオの番組改編の季節でもあります。

 私は普段、あまり寝付きが良い方ではなく、横になってから3時間くらい眠れない日もざらです。

 そんな時、必ず枕元のラジオのスイッチを入れます。

 通常文化放送に選局してあるので、深夜1時頃の番組をよく聞くことになります。月曜日から木曜日の深夜1時から3時までは、「リッスン」という番組をやっています。曜日ごとにパーソナリティが決まっているのですが、このほど「月曜リッスン」のパーソナリティが涼宮ハルヒの「平野 綾」さんに変わりました。

 いままでの月曜リッスンは、大島 麻衣さんで、とてもハイテンションでテンポの良いトークが面白くて、月曜日は好きな日だったのですが、3月いっぱい卒業してしまいがっかりしていました。

 そして4月の最初の月曜日から誰が新パーソナリティなのか気になっていたのですが、それがハルヒこと平野綾さんでした。

 彼女のトークは独特で、アニメの声優らしい声の魅力がありますが、本人いわく声のイメージとは違う「頑固親父」的な性格なのだそうです。

 次回からどんな「月曜リッスン」になっていくのか、とても楽しみです。といってもあまり眠れないのも困りものですが・・・・。



 さてもうひとつ、先日購入したインプレッサの補助金が交付されることになり、その申請手続きにスバルディーラーに行ってきました。

 今回の補助金の申請手続きは、来年2月末日までと定められているのですが、その期間内であっても補助金予算が無くなった時点で補助金交付は終了とのことで、今のところの予測では、7月頃で予算が無くなるようです。

 申請手続きが終わり帰宅しようとしたら、発売されたばかりのBRZの試乗車が置いてあり、急遽試乗させてもらうことにしました。

 地上40センチにも満たない着座位置に、最初は違和感があったので、まず運転席に乗り込んで、座席の高さを高めにセットして、ボンネット全体が見える位置にしました。

 キーを捻ってエンジンを始動させ、いざ出発・・・・。

 コンパクトな車体であるので、少し走るだけで、違和感を感じることが無くなってきたので、徐々に座席を低くして運転を続けましたが、ATであるにもかかわらずアクセルを踏み込んでの加速感はさすがにスポーツカーレベルで、とても気持ちの良い加速をします。低い排気音を伴う加速は期待を裏切らないものだと思いました。
 
 乗り心地も堅めではありますが、決してゴツゴツとした不快なものではなく、路面をがっちりと掴んで走っているという安心感につながる乗り心地でした。

 一般道を20分くらい試乗しただけなので、それほど多くの情報をクルマから受け取れたわけではありませんが、このクルマなら遠出が楽しくなること請け合いだと思いました。

 ちなみに私が試乗したのは、S,R,RAのうち真ん中の「R」の6ATモデルで、価格は消費税込みで2.871.750円です。
 売れ行きは好調で、独身の若者と40代以上の子離れ世代が主な顧客だそうですが、中にはセカンドカーとして購入する方もいるとのことでした。

プリンセスメメ???

 



※86・BRZの写真はトヨタ及びスバルHPから掲載

 ここ最近、いろいろな舞台を楽しむことができました。

 先日の中野サンプラザホールで開かれた、千昌夫、瀬川瑛子歌謡ショーから始まり、先週火曜日の東京・春・音楽祭、そしてその翌日は東日本大震災支援チャリティショーと続きました。

 歌謡ショーはひどい雨の一日だったのですが、瀬川瑛子さんのトークが大変面白く、お二人の歌も素晴らしかったのですが、それ以上にトークの時間がとても印象的な舞台でした。農協主催のショーだったので、大口のお得意様へのご招待という催しで、私は友人の誘いでこの舞台を楽しむことができました。大変広い地域の人たちを招待しているため、連続5日間にもわたる期間で各地域のお得意様を招待するという大規模なものでした。

 先日火曜日は、上野国立科学博物館講堂でのコンサートで、友人でオンドマルトノ奏者の原田節氏から案内をもらって行ってきました。
 「不思議な楽器オンドマルトノ」というタイトルでのコンサートで、共演はマリンバ奏者の池上英樹氏でした。オンドマルトノは毎回見慣れた楽器でしたが、マリンバは通常のものよりもかなり大きく巨大で、普通4オクターブの構成になっているところ、このマリンバは5オクターブの音が出せる特注の楽器で、その低域の響きはとても奥深いスケールを感じさせるものでした。

 会場の舞台で見ると単に大きい楽器と思うだけなのですが、これを会場まで運ぶのはとても大変なことだっただろうと思います。なにしろ分割式ではなく一体で造られているわけですから、この楽器の長さ分だけ収納できる荷台を備えたクルマでなければなりません。一般的なワンボックスカーでは無理でしょうから、もっと荷台の広いトラックを使用しているのだろうと思いました。

 オンドマルトノも一般的に普及している楽器ではないので、演奏者自身が自分でクルマに積み込み、演奏会場まで運んで、セッティングも自ら行うわけで、都内の会場ならまだいいのですが、地方の演奏会場のときは、原田氏の愛車に楽器を効率良く積み込み、長距離を運んでいかなければならない苦労を聞いています。

 さて、最後は東日本大震災支援のチャリティショーですが、これは多種の芸を持つ多くの芸人さんや歌手、マジシャンなどが合同で被災地の人たちを励ますために巡業を計画しているのですが、その移動に必要な交通費を集めるために開催したショーでした。

 このチームの人たちの中に、K'zDanceのメメさんも「ドルフィンマジックカンパニー」の一員として参加している関係で、私も舞台を見に行ったわけです。
 入場料は1500円と格安だったにもかかわらず、約3時間にも及ぶバラエティショーで、その内容は、ヨーヨー世界チャンピオン、マジックショー、イリュージョン、ものまね、民謡、歌謡曲等ほんとうに盛りだくさんの舞台でした。

 この中でメメさんは、イリュージョンのドルフィンマジックカンパニーの女性チームに属しているのですが、この日は男性チームのショーだったので、ダンスとアシスタントを務めていました。
 しかし女性チームで構成する場合は、本人もマジックやイリュージョンを見せるとのことなので、ぜひ次回はその腕前を披露してほしいと思いました。
 これからは「プリンセスメメ」と呼ばせてもらうことにしたいと思います。

 さて、このチャリティショーが池袋の会場で開かれたので、ついでにトヨタアムラックスに寄って、いま話題の「86」を見てきました。今月初旬にはスバルショールームで「BRZ」も見ていたので、どこが違うのかが興味あるところです。

 基本は同じものなので、一番の違いは運転席回りとシートなどでした。スバルは黒一色に赤色のステッチをしたシートですが、86は黒と赤のシート、またメーター回りもスバルは基本黒に赤文字としているのに対し、86は文字盤の一部を白くして、デザインを変えてありました。

 スバルはよく言えば「大人」のクルマの雰囲気であるとも言えますが、やや地味な印象があります。
トヨタ86は、スポーツカーとしてのドラマをそのインテリアで表現して、躍動感を感じさせるものだと思いますが、派手な印象は、すぐに飽きてしまう帰来も感じました。

 しかし私はトヨタ86の方が見せ方が巧みで上手いと思います。どちらでも好きな方を選べるとしたらトヨタを選んでしまうだろうと思いました。このクルマは実用車ではないので、あまり実用性を感じさせるデザインでは、非日常感が希薄になり、面白くないだろうと思います。

 また、フロントマスクも両車ともデザインを変えてありますが、やはりトヨタの方が好みでした。

 もっともこの2車を走らせてみたら、どちらの方が自分と気が合っているかわかりませんが・・・

番洋・白石真弓ふたり展へ



 いま、新宿京王プラザホテルで開かれている「番洋・白石真弓ふたり展」に行ってきました。


 先生とは一年ほど前に開催された「寺本建雄展」に行ったときに、寺さんから紹介されてお名前だけは知っていたのですが、 本物の作品を見たことはなかったので、案内のはがきをいただいたので、とても楽しみにしていました。

 大変大盛況で、平日の昼間の時間帯であったのにもかかわらず、大勢のお客様がみえていました。

 白石先生は、絵画作品ばかりでなく、和服、ハンドバッグ、ネクタイ等も製作しているので、会場で直接販売もしているようでした。

 会場に先生がいらしたので、作品についてお話しを伺ってみると、番先生の場合は、その作品はすべて音楽を描いているとのことで、頭の中に浮かんでくるメロディを絵画として表現しているのだそうです。

 描く素材も様々なものを使用しており、その作品の表現をするのに、あらゆる素材をマルチに使用しているため、キャンバスへの油絵とか屏風への日本画とかという型にはまったところがないので、とても表現の幅が広く、無限のエネルギーを感じるものでした。

 メロディを表現しているという絵でとてもわかりやすかった作品は、ロビーの壁面に展示してある大型の作品でした。

 白石先生の作品は鶴をモチーフにした作品が中心でしたが、やはりティルーム前のロビー壁面に展示してある大型の3連の作品で、特に真ん中の作品は鶴がこちらに迫ってくるような迫力がありました。

 今回の「ふたり展」は、新宿京王プラザホテル3階ロビーで、3月19日まで開催されているので、関心のある方はぜひ会場に足を運んでみてください。

 入場は無料で、18日までは10時から19時まで、最終日は16時で終了です。

誕生日記念

 


 先日、スタジオで誕生日記念の写真を撮影しました。

 形だけを設定した撮影ではなく、本当に当日誕生日だったモデルの撮影です。

 ちょっと面白いのは、ゲームのイナズマイレブンの中にだけ登場するユニフォームを着て撮影したことで、ここに写っている衣装は、すべて手縫いで仕上げたものです。

 といっても当日までに仕上がりが間に合わなかった部分をスタジオで仕上げ、メイクをしてから撮影を始めたので、終了までに6時間ほどかかりました。

 ケーキは本物を買ってきて、それに100均で買ったろうそくや、その他の誕生日グッズなども交えて撮影しました。

 撮影終了後には、ケーキをおいしくいただいて、楽しい時間を過ごすことができました。

待望のD800発表

 

 PHOTO : NIKON HP

 久しぶりになにげなく価格.comをのぞいたら、ニコンD800が掲載されていました。

 発売はまだなのですが、クチコミで言われていたとおり2月に発表があったわけです。

 カメラの仕様を見ると次のような記載がありました。

 画面サイズ ニコンFXフォーマット(35ミリフルサイズ)
  画素数    3630万画素
 ISO      100−6400(拡張機能で50−25600まで可能)
 シャッタースピード  30秒−1/8000秒
 ストロボ同調      1/250秒
 ミラーアップ撮影可能
 フォーカスポイント  51点
 
 気になる価格は、価格comでの予約販売価格で、268000円ほどでした。

 また、姉妹機としてD800Eという機種があり、これは光学ローパスフィルターを遮断して、より鮮鋭度を高めたモデルで、風景や美術品などの、より解像度が高い画像を求める撮影に向いている機種のようです。

 こちらの価格は価格comで、313000円ほどでした。

 私がもっとも驚いたのが画素数で、先日発売になったD4の1620万画素を大きく上まわり、3630万画素という数字でした。
 D800とは違いD4はニコンのフラッグシップ機でありながら、それよりも下位の機種よりも画素数が少ないというのは、なにか腑に落ちない気がします。

 しかし私にとっては、このD800の方が、待ち望んでいたスペックなので、発売されたら時期を見て購入したいと思います。

セクシージュリエッタ

 carview

carview

carview

carview
photo:carviewnews

 我が家に4年ぶりに、新しいクルマがやってきました。

 スバルインプレッサスポーツです。

 ほんとうは平成22年3月に、それまで乗っていたフォレスターを
もう少し小型のクルマに替える予定だったのですが、その時期に
販売されている中には、私が要求する内容のものは無かったので
しばらく買い換えを保留していました。

 しかし昨年12月に、スバルインプレッサがフルモデルチェンジし、
その内容が私の望む要求をほとんど満たしていたので、買い換える
ことにしました。

 その要求とは、それまで乗っていたフォレスターよりも小型で、燃費
性能が良く、しかも室内の広さは従来と同等、できれば室内の質感は
より良いものであることでした。

 今回発売されたインプレッサはそれらの要求をすべて満たしている
だけでなく、安全性においてもアイサイトという多機能安全装置が装着
可能でした。
 それだけの諸元を備えていながら、その価格は従来の旧モデルと同じ
であり、とても買い得感のあるクルマでした。

 契約時点では、まだ未確定だった補助金も10万円出ることになり、最
終的な追い金は、2リッター4WDのCVT(リニアトロニック)モデルで、グ
レードは2.0iSですが、100万円をかなり下回る金額でした。
 しかもこの車両代金の中には、オイル交換も含む半年ごとの定期点検
費用と、3年後の車検整備費用まで含まれたものなのでびっくりです。

 さて、2月に入ってすぐアルファロメオの新型ジュリエットがデビューしま
したが、横からのスタイルがインプレッサと雰囲気が似ています。
 ボディサイズもほぼ同じで、ジュリエッタの方がインブレッサよりも全長が
65ミリ短く、幅が60ミリ広いくらいです。

 しかしその印象は、ジュリエッタはとてもセクシーで、インプレッサは質実
剛健な感じがします。

 それぞれお国柄とメーカーの個性がよく出ているクルマだと思いました。
 


日舞発表会







 昨日はとても寒い日曜日でしたが、日舞の発表会を撮影しました。

 アップした写真は、皆さんに配られたお弁当と一緒に入っていた紅白饅頭と、先生二人の踊りです。

 外はとても風が強くて寒い日でしたが、この会場だけは、ほっこりと暖かな雰囲気でした。

 来月4日は立春です。

 春が来るのが待ち遠しい毎日です。 

コダックが・・・・

    

 先日の新聞記事で、米国イーストマンコダック社の経営破綻を知り、衝撃を受けました。

 私は2000年から、写真撮影をすべてデジタルに切り替えましたが、フィルム撮影をしていた期間は、カラー撮影の方が少なく、7割方はモノクロ撮影でした。

 そのとき使用していたフィルムはコダックのトライX・T-MAXでした。
 トライXは、まだ国内フィルムメーカーでASA400の高感度フィルムを生産していない時代から販売していたコダックの世界的に知られているフィルムで、プロ、アマチュアを問わず愛用者が世界中にいました。

 カメラマンが個々にこのフィルムの現像レシピを作成して、それぞれの撮影方法に合った使い方をしていました。

 また、T-MAXはトライXの進化型で、高感度でありながら超微粒子を誇る性能を持っていましたが、現像時間にシビアであったので、使いこなすのに「こつ」が必要なフィルムでした。

 日本のフィルムメーカーでも高感度フィルムを生産しましたが、コダックと日本のメーカーの決定的な違いは、日本のメーカーでは新しいフィルムを開発し、販売を始めると、旧製品を生産中止にしてしまうのに対して、コダックは新しいフィルムを開発、販売しても、従来の製品も生産、販売してくれるので、特にプロカメラマンにとっては非常にありがたいメーカーでした。

 プロにとっては、長年使ってきたフィルムには、それぞれに多くのノウハウを蓄積させて使用しているので、新たなフィルムが発売されたとしても、それにすぐに飛びつくわけではありません。
 むしろ愛用しているフィルムはずっと使い続けるのが普通だったので、日本のメーカーのように簡単に生産中止をしてしまうのは不都合なことが多かったといえます。

 とても良心的な体質を持った米国の大企業が、まさかの経営破綻をしてしまったのは、もしかしたらこのような日本企業との体質の違いからかもしれません。

 デジタルカメラが出現してからというもの、その進歩のスピードは非常に速く、みるみるうちにフィルムカメラを駆逐してしまうことになりました。
 私がデジタルカメラを使用し始めた頃は、当然のことながらフィルムの性能の方がデジタルファイルよりもずっと上でした。私の周りにいたカメラマン達にも、デジタルカメラなど話にならないと馬鹿にするような風潮がありました。

 しかし現在では、35ミリフルサイズのデジタルファイルは、かつての4×5インチフィルムの画像に匹敵するといわれ、645サイズのデジタルデータは8×10インチフィルムの画像に匹敵するといわれています。

 このような時代の潮流に乗り遅れてしまった結果、コダックは経営破綻してしまったといえることだと思いますが、老舗企業が時代の流れに合わせて、その体質を変える難しさを改めて知らされるニュースでした。

  

 もう一つは、ニコンから新たなフラッグシップ機が発表になりました。D4です。

 個人的にはこの新型機よりも、D700の後継機であるD800の発表を待っていたのですが、タイの洪水のために、生産スケジュールが大幅に狂ってしまい、このような結果になったようです。

 しかし、クチコミ欄の情報によると、D800の生産をタイから日本に変更したようで、2月には発表されるようです。これがほんとうなら、2月が待ち遠しい気持ちです。

 ちなみにD4はすでに発売前予約が始まっており、価格com.では58万円でした。発売は2月16日からと予告されています。
Check

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
今年の写真展 (12/25)
  • 300馬力の味 (05/14)
  • ハルヒ参上 (04/06)
  • プリンセスメメ??? (03/24)
  • 番洋・白石真弓ふたり展へ (03/16)
  • 誕生日記念 (03/11)
  • 待望のD800発表 (02/10)
  • セクシージュリエッタ (02/06)
  • 日舞発表会 (01/30)
  • コダックが・・・・ (01/23)
  • categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM