スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


確定申告の謎

 きのうのブログで、年金収入のみの確定申告をしたら、追加徴収されたことをお伝えしたが、なぜそうなったのかの謎が明らかになった。

 公的年金の支給は、あらかじめ所得税分の源泉徴収と介護保険料などが天引きされて支給されている。ふつう一カ所から公的年金を受給している場合は、天引きされる所得税はこれだけ済むが、二カ所から年金を受給している場合は、事情が違ってくる。
 父の場合、金額が大きい部分と少ない部分の二カ所から年金を受給している。この二つの年金支給団体は、それぞれもう一カ所の支給機関の情報を知らない。したがって本来ならこれらの年金を合算して所得税を計算すべきところ、金額の大きい方のみ所得税が発生し源泉徴収された金額を支給するが、金額の少ない方は所得税が発生しないため、源泉徴収額をゼロとして年金を支給してしまう。
 このそれぞれの年金を一つにまとめて確定申告をすると、本来合算されて計算すべき所得税が算出されるので、すでに徴収済みの源泉徴収額と、合算して算出される所得税額との差額を追加徴収されてしまうのである。
 年金を一カ所からだけ受給している人には、このようなことはおこらない。これでようやく胸の中のモヤモヤが晴れたのだが、年金を二カ所から受給している人で、この確定申告を知らない人は未申告のまま終わってしまうようなので、申告をしない人の方が追徴課税が生じない分、税金はいくらか得をすることになる。つまり正直に申告する人のほうが多く税金をとられるようなこともありうるので、不公平感はいなめないのだ。
 全国の年金支給機関が、それぞれの情報を統合すればこのようなことにはならないのだが、たぶん無理だろう・・・・。

確定申告

 きょう、確定申告を済ませた。
 と言っても自分のではなく、父の分である。両親は年金生活なので確定申告など関係ないと思っていた。しかし国民健康保険に加入しているので、住民税の申告は義務づけられている。最初住民税の申告をしようと老齢年金の源泉徴収票などを持って窓口に行ったところ、その数字を見て確定申告をするように指導された。
 日を改めて一緒にもらった申告の手引きを読みながら確定申告書を完成させて申告をしたが、結果約2万円の所得税を追加課税された。老齢年金をもらう段階で所得税と介護保険料をすでに天引きされて支給を受けているのに、申告をしてさらに追加徴収とは、なにか納得がいかない気分である。
 小泉内閣が郵政民営化の是非をめぐって選挙に打って出たとき、高齢者の増税も抱き合わせで国民からの合意をとってしまった。ただ郵政民営化のみを表に出していたので、増税のことまで話題になることはなかった。今年度の課税から今まで非課税だった高齢者にも課税されるようになった。所得税や住民税の増税はそれだけでは済まず、国民健康保険税や介護保険料にもその税額をもとに増額されるので、年金でカツカツの生活をしている高齢者には、大変な影響が出て来る。報道番組でも国民健康保険税を滞納して、病気にかかっても病院に行かれなく人が出ていることを話題にするようになった。大変な時代になったものだと思う。
 ただし、今の日本の財政状況は、税金でまかなえるのは全歳出予算の半分ほどだそうだ。これは年収300万円の人が年600万円の生活をしているようなものである。毎年足りない分を借金をして辻褄を合わせていることになる。
 このような現状を考えると、高齢者への増税も致し方ないことなのだろか・・・・。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
確定申告の謎 (03/15)
  • 確定申告 (03/14)
  • categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM