スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


東京タワーと帝国ホテル

  先週職場の催しで、はとバスに乗って東京タワーと帝国ホテルのデイナーバイキングに行きました。
 平日の夜のコースなので、結構タイトなタイムスケジュールだったのですが、何と言っても帝国ホテルのディナーバイキングにひかれて参加しました。

 夜7時過ぎに東京タワーに到着し、150メートルの第一展望台で夜の東京の夜景を堪能し、それからお台場・湾岸ドライブを楽しんだ後、いよいよ帝国ホテルインペリアルバイキングサールへと向かいました。

 地上17階のバイキングレストランは、とても雰囲気も良く、ずらりと並んだ料理とデザートの数々は、食事をする前から気分はワクワク状態でした。

 オードブルのコーナーから料理を皿に盛りつけて食事を開始したのですが、通常の夕食開始時間よりも1時間以上遅い時間に食事が始まったので、空腹感はいつもの倍以上の感覚でした。

 そうなるとついつい料理を取りすぎてしまい、オードブルの次に盛りつけたローストビーフと魚料理を食べ終わるころには、ずいぶん満腹状態になってしまいました。

 せっかく高級バイキングレストランに行ったのだから、ほぼ全種類の料理とデザートを制覇しようなどと考えていた目標は、この時点でかなり危うい状態になってしまいました。

 ローストビーフの後に盛りつけたのは、暖かい料理のコーナーで、グラタン、ピラフ、パスタ、ピーフシチュー等々の品々で、10種類くらいはあったと思うのですが、それらを一口づつでも皿に盛り付けていくと、とても食べきれない量になってしまい、デザートまで行き着かなくなってしまうので、かなりの種類はパスしておきました。

 最後にデザートですが、数種類のケーキを盛りつけるところでキ゛ブアップになってしまいました。アイスクリーム等が何種類もあったのですが、それらには手をつけることなく終了の時間となりました。

 以前フランス料理のフルコースで、デザートは好きなだけどうぞというコースを経験しましたが、その時は全種類のデザートを盛りつけてもらい、食事が終わったときには、お腹がパンパンで歩くのも億劫な状態になって、大失敗したのですが、今回も同じ状態になり、東京駅で解散した後、電車に乗るまでの間、歩くのがつらくて仕方ありませんでした。

 今度このような機会があったら、時間はたっぷりと取るようにして、もう少しゆったりと食事を楽しむようにしたいと思うのですが、ただバイキング形式のレストランでは、どこもたっぷりと食事の時間を取れるシステムになっていないところが多いので、結局割高な料金で慌ただしく食事をすることになりやすいということも考えて利用した方がいいだろうと改めて思い直した一夜でした。

一泊旅行

JUGEMテーマ:旅行

 
 毎年夏には、友人とクルマで旅行することが多い。今年は特別計画も立てずに、気がついたら7月になってしまった。どこにも行かないのはちと寂しいので、横浜に住む友人と二人で、近場の温泉にでも一泊旅行をすることにした。
 と言ってもどうしても行ってみたい場所もなかったので、日程だけを大体決めて、あとはネットで捜してみた。
 友人が和食のおいしい料理が食べたいということだったので、料理自慢の宿を検索したら、石和温泉の「離れ家の宿 多賀乃」という宿がヒットした。偶然通常料金よりも安く泊まれるプランがあったので、早速予約した。
 ここは和食コース料理が自慢の宿で、一日8組しか宿泊客をとらない。一品ずつ部屋に運んでくれる今時正統派の宿だ。
 宿泊は8月13日に一泊二名ということで話しがまとまり、そして出発の前日をむかえたところ、この日はお盆の帰省で高速道路は渋滞のピークであるとニュースで報じていた。
 普通に午前中に出たのでは、30キロもの大渋滞に巻き込まれるのは目に見えているので、ゆっくりとお昼をインターの近くで食べて、12時丁度くらいにレストランを出発した。すると高速道路はガラガラ状態で、普段の休日よりもペースが速く目的地まで到着することができた。
 県立美術館でゆったりとした時間を過ごして、いよいよ多賀乃へむかった。

 宿に到着すると部屋に通される前にお茶とお菓子のサービスがあった。抹茶と自家製の栗羊羹だった。そして入浴後、和食のコース料理が順番に部屋に運ばれて来た。
 アップした写真はその時の料理の写真である。これにデザートが付く。どれもとても手が込んでいて、プロの料理人がつくる美味しいものばかりだった。また、料理を運ぶ間も良く、運ぶペースに急かされたり、やたらと間延びしたりすることはなかった。

 翌朝の朝食もとても豪華なものが並び、美味しい和食を提供してくれる宿に泊まるという当初の目的は、充分達成することができた。

 また、お盆の真っ最中ということで、行楽地がやたらと混雑するかもしれないと心配したが、翌日の午前中にいった昇仙峡も、お昼頃から行った勝沼ぶどうの丘も、時間的なタイミングが少しづつ良かったようで、混雑する前に到着した為に駐車場に入るまで延々と待たされるようなことは無かった。それぞれのポイントでゆっくりと楽しむことができた。ぶどうの丘では県内の製造するワインが200種類も販売されており、試飲はクルマということもあってできなかったが、とてもおいしいワインをお土産に買う事が出来た。

 今回の一泊旅行は、往復とも渋滞知らずで快適なドライブを楽しむことができた。2月に買い替えた新型フォレスターも、運転するときの気持ちの良さや、乗り心地の良さを十分に堪能できた。特に勝沼インターから東京方面に向かう長い長い上り坂を、有り余るほどのパワーとトルクで登り続けられたのには、ターボパワーの威力に改めて驚いてしまった。いままで乗り継いできたクルマでは味わう事の出来なかったエンジンのトルク感覚は感動ものだった。

 

久しぶりのステーキ

 きょうは友人と二人で、「はなまさステーキ」を食べに行った。新聞の記事かなにかで知ったのだが、とにかく安くておいしいとの評判なのだ。
 国産牛で何グラムくらいかよくわからなかったが、はなまさ特製ステーキがライスとスープ付きで960円である。普通ならファミリーレストランのハンバーグステーキセットくらいの値段なので、格安といえる。はたして味のほうはいかにと思って食べたら、とてもやわらかい肉で、味も良い。アツアツの鉄板に半焼の状態でテーブルに運ばれる。そこから先の焼き方は、お客の好みでご自由にということである。
 食べごろの焼き加減でどんどん肉を口に運ぶのだが、ライスとともにペロリと10分もたたないうちに食べてしまった。多少焼き方が強い状態になった肉でも、そのやわらかさは変わらなかった。ライスの量を減らせば、二皿くらいは楽に食べられそうである。とても960円の味とは思えぬおいしさだった。
 実は武蔵小金井に「羅府」というステーキハウスがあったのだが、きょう一緒に行った友人が初めて連れて行ってくれた店だった。米国産の牛肉をメインにしている店で、そこのご主人は「紅花チェーン」でステーキの修行をしたため、その縁で米国紅花チェーンで使用しているものと同じ牛肉を仕入れてステーキハウスをやっていた。やはり味は抜群で、私がはじめて食べたものは、300グラムで3500円ほどだったと記憶している。その日はとにかく肉がたくさん食べたかったので、ほとんどライスには手を付けないで、ステーキだけを食べた。とてもやわらかくジューシーで、タレをほとんど肉につけないで、あっさりと肉だけの味を味わって平らげてしまった。
 しかし米国産牛の輸入が禁止となり、そのステーキハウスでは、オーストラリア産のオージービーフで急場を乗り切ろうとしたが、同等の値段のオージービーフはとても紅花チェーンの牛肉には味が及ばす、筋が多くて固いうえ、味もそっけなくパサパサで、二度と食べたいと思えないものだった。
 それからしばらくして米国産の牛肉輸入再開となったので、再びあのおいしい紅花チェーンの味を期待して「羅府」に行ってみたが、店は実質的に廃業していた。
 安くておいしいステーキにはもう出会えないかかと思っていたら、「肉のはなまさ」
が経営するステーキハウスができたので、早速足を運んだわけである。
 たぶん一皿150〜180グラムくらいの見当だったが、充分大満足だった。ただあまりに早く一皿を食べ終わってしまったので、その店を出てからコーヒーとケーキを食べた。サイフォンコーヒーをいれてくれる店だったが、1杯530円のキリマンジャロの味はなんとなく苦みもコクもなくて、水っぽい薄口、一緒に食べたアップルパイもそれほどおいしく感じられなかった。セットで680円なのであまり文句も言えないが、サイフォンでのコーヒーの味にとても期待したので、がっかり感は倍増してしまったようだ。でも入った店全部が大当たりになる事の方が珍しいので、きようの夜は格安な予算でずいぶん楽しめたと思う。ステーキが食べたくなったら、また行くぞ ッ・・・・・。

横浜中華街へ行った

 きのうからゴールデンウィークが始まった。ここのところ父の葬儀であわただしい毎日を過ごしていたので、気分を一新するため、横浜に住む友人の家に行った。彼は大学の同級生で一人っ子なのだが、数年前に両親とも他界したので、今は独り住まいの身である。彼が3年後に定年退職したら二人で始めたいことがあるので、その相談も兼ねて遊びに行った。
 今年の正月元日にも彼の自宅に行き、中華街で食事をしたが、彼のおすすめの店が閉店だったので別の店を探した。つい呼び込みにつられて入ってしまった店が大はずれで、それほど高いコースを食べたわけではなかったが、正月早々がっかりして帰って来たので、今回は同じ失敗をしないように、はじめから友人おすすめの店に入る事にしていた。
 そこは関帝廟の真ん前にある上海豫園小龍包館という店で、飲茶バイキング、各種コース料理をやっているレストランである。バイキングには行列ができるほどの人気だったが、あえて我々はコース料理を選んだ。同じレストランでもフロアが違いとてもおちついたダイニングルームだった。3000円から20000円くらいまでのコースがあったが、5000円コースをチョイス。今回は味も雰囲気もボリュームも満点で、充分充実した時間を過ごすことができた。
 また今回は中華街出身のシンガーソングライター「区 愛美」さんのお店も確認してきた。彼女はCDも何枚か発売しているが、文化放送でディスクジョッキーをしていたとのご縁で、同じ文化放送のオーガニックカフェセミナーにゲスト出演していた。とても素晴らしいハイトーンの歌声でピアノの弾き語りが印象的な方だ。現在彼女は同じ中華街関帝廟のすぐ近くの「悟空茶荘」という店の2階喫茶室で、毎週水曜日にライブをやっている。こちらも近々聞きに行きたいところなので、店の名前と場所を確認してきたのである。きのうはその喫茶室は満席で入る事ができなかったが、いずれ友人を誘って行ってみたいと思っている。

 上海豫園小龍包館 TEL 045-212-5087  午前11時から夜9時
 悟空茶荘     TEL 045-681-7776  毎週水曜日ライブ

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
東京タワーと帝国ホテル (02/16)
  • 一泊旅行 (08/15)
  • 久しぶりのステーキ (06/14)
  • 横浜中華街へ行った (04/30)
  • categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM