スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


番洋・白石真弓ふたり展へ



 いま、新宿京王プラザホテルで開かれている「番洋・白石真弓ふたり展」に行ってきました。


 先生とは一年ほど前に開催された「寺本建雄展」に行ったときに、寺さんから紹介されてお名前だけは知っていたのですが、 本物の作品を見たことはなかったので、案内のはがきをいただいたので、とても楽しみにしていました。

 大変大盛況で、平日の昼間の時間帯であったのにもかかわらず、大勢のお客様がみえていました。

 白石先生は、絵画作品ばかりでなく、和服、ハンドバッグ、ネクタイ等も製作しているので、会場で直接販売もしているようでした。

 会場に先生がいらしたので、作品についてお話しを伺ってみると、番先生の場合は、その作品はすべて音楽を描いているとのことで、頭の中に浮かんでくるメロディを絵画として表現しているのだそうです。

 描く素材も様々なものを使用しており、その作品の表現をするのに、あらゆる素材をマルチに使用しているため、キャンバスへの油絵とか屏風への日本画とかという型にはまったところがないので、とても表現の幅が広く、無限のエネルギーを感じるものでした。

 メロディを表現しているという絵でとてもわかりやすかった作品は、ロビーの壁面に展示してある大型の作品でした。

 白石先生の作品は鶴をモチーフにした作品が中心でしたが、やはりティルーム前のロビー壁面に展示してある大型の3連の作品で、特に真ん中の作品は鶴がこちらに迫ってくるような迫力がありました。

 今回の「ふたり展」は、新宿京王プラザホテル3階ロビーで、3月19日まで開催されているので、関心のある方はぜひ会場に足を運んでみてください。

 入場は無料で、18日までは10時から19時まで、最終日は16時で終了です。

ハラダチエ展

ハラダ チエ展


 土曜日にハラダ チエさんの個展を見に行きました。
 私はいつも彼女の個展の記録を依頼されるので、今回は会場の写真を公開します。

 今回も個展の初日には、夫のオンドマルトノ奏者、ハラダ タカシ氏のミニライブがありました。絵の個展会場で聞くライブは、いい雰囲気で、初日に来場されたお客様は、チエさんの絵とタカシ氏のライブ演奏の両方が楽しめるので、常連のお客様は必ず初日のライブに時間を合わせて来られることも珍しくないようです。

 神保町にある文房堂ギャラリーは、個展の会場として丁度いい広さで、展示作品も見やすい会場でした。チエさんの個展は、回を重ねるごとに新たなジャンルの作品が増えていくのですが、今回初の展示になった巨大な「抱き枕」は、会場の展示作品のレイアウトの中で、いいアクセントになっていました。東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会用ポスターの原画が中心になった展示でしたが、日本画や服飾に描かれた作品も数点展示されており、チエさんの多彩な才能を楽しむことができます。

 この展示は今週土曜日まで開かれているので、感心のある方は、ぜひ会場に足を運んでいただきたいと思います。

 なお、会場の所在地、地図等はこのブログにハラダチエのページをリンクしてあるので、そちらをご覧ください。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
番洋・白石真弓ふたり展へ (03/16)
  • ハラダチエ展 (08/05)
  • categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM