<< ブルーマン東京公演 | main | ネコ達 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


国立新美術館

JUGEMテーマ:日記・一般


 先週の土曜日、六本木にある国立新美術館に行った。職場の知人が「三軌展」に絵画を出品していたので、それらの作品を観るためだ。
 テレビ番組でこの美術館がオープンしたのを二ユースで見てはいたが、実際の建物の中に入るのは、この日が初めてだった。
 地下鉄乃木坂駅からは美術館まで直結しており、美術館の裏側から入場することができる。全面ガラス張りのような正面ロビーの中に入ると、洒落たカフェスペースがあり、このエリアまでは入場料を払わなくても入る事ができる。
 展示室はいくつかあり、同時に別々の作品展を観賞することもできるが、今回は三軌展のみにしておいた。
 この三軌会は60年の歴史があり、会員、会友を合わせると相当な数の作品が出展されている。絵画ばかりでなく、彫刻、写真等もあるので、全ての作品をていねいに見ると、それだけで1日かかってしまうほどだ。絵画だけでも30余りの部屋に展示してあり、出展している作者によると外壁側の作品よりも内側の作品、中程の部屋の作品が三軌会として推薦している作品であるとのことだった。ほぼ全作品が一辺1.5メートルから2メートル四方の大型の作品なので、迫力は充分なのだが、全作品を見ると中にはここまで大きく描く必然性が感じられない作品もあった。
 どんな作品展でも共通して言えることは、それらの作品の中で、気に入った作品が一つか二つあれば、その作品展に行った価値はあるということだ。一点も良いと感じる作品に出会うことがなかった場合は、わざわざその場所に足を運んだ甲斐が無かったことになる。
 私の知人の作品は、他のどの作品とも似ておらず、きちんと作者の世界が表現されている作品だった。作者本人によると、毎年連作としている作品だそうで、いままでの過去の作品も並べて展示すると、描いている世界がより鮮明に見られるとのことだった。

 さて、その翌日の日曜日には、劇団ふるさときゃらばんの「雲たか山の鬼」を観た。
この作品は、日本の昔話から題材をとったもので、毎回天狗や河童などがそれらの作品には登場する。
 今回は桃太郎の鬼退治の話しが基になっているもので、いろいろなキャラクターの鬼が登場する。
 童話としての「桃太郎」は桃太郎が正義、鬼が退治されるべき悪として描かれているが、この「雲たか山の鬼」は、桃太郎をはじめとする人間が、絶えず悪事をはたらく悪しき人間で、逆に鬼たちは、互いに争うことなく平和に暮らしている集団として描かれている。このあたりが作家の石塚克彦氏の作品の奥深いところで、日本各地に伝わる民話の世界を研究し、子ども達に伝えられる昔話になる前の原作品として舞台化した作品であるようだ。
 ストーリーもミュージカルとしてのうたやダンスもとてもレベルの高い作品になっているが、今回の会場ではセリフがよく聞き取れなかったという感想が多く、その点が残念だったと思う。
 また、桃太郎の昔話ということで、親子連れが多かったが、この作品はどちらかというと大人向けの作品だったように思えた。
 機会があったら、きちんとセリフが聞き取れる会場で、もう一度改めて観たいと思う。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 11:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
国立新美術館 (05/25)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM