<< 通し稽古 | main | 感染列島 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


スパンコライブ



 このところとても寒い日が続いているが、昨日は特別風も冷たくて、寒さがこたえる一日だった。
 そんな寒い日の夜、恵比寿「天窓switch」というライブハウスで、久しぶりにスパンコのライブを聞いてきた。

 ここのライブハウスは、恵比寿ガーデンプレイスから5分ほど歩いたところにあり、ATOビルの地下一階がライブハウスになっている。キャパは150ほどで、生の演奏と歌を聞くにはちょうどいい広さだ。

 出演は、スパンコ、もみやまさつき、広野の3人で、第一部のステージは、もみやまさつき、広野、スパンコの順でそれぞれピアノの弾き語りだった。
 第二部では、スパンコがアコーディオンでの弾き語り、それに広野ともみやまが加わっての演奏だった。

 きのうはもみやまさつきと広野は、二人とも体調が絶不調だったこともあるかもしれないが、スパンコのピアノとアコーディオンの弾き語りが、群を抜いて素晴らしかった。ピアノの音色など、3人とも同じピアノを弾いているにも拘らず、スパンコの演奏するピアノの音色だけは、まるで別の楽器を弾いているような錯覚さえ憶えるほど美しい音色で、その演奏技術の高さがはっきりとわかるものだった。
 繊細でありながらダイナミック、スケール感がありながら一音一音が鮮明に聞こえ、キレがありながら優しい音色である。

 以前、ある公共施設の音楽室で、ピアノを弾くスパンコを撮影したことがある。演奏をしているところを撮影する訳ではなく、ピアノを脇役としてスパンコのポートレートを撮影したのだ。その時にスパンコがピアノを弾きながら「私はピアノの前に座ると一日中でも退屈しないでピアノを弾いていられる」と言っていたが、正にピアノの申し子ともいえるような演奏だった。

 今回は3人がはじめて組んでライブを聞かせてくれたが、これからもこの3人が組んでライブをしていきたいとのことだったので、次回はもみやまさつきと広野も、体調万全での演奏を期待したいと思う。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 23:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
スパンコライブ (01/16)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM