<< いよいよあとひと月 | main | 見下ろしてごらん、夜の町を。 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


キンキンのサンデーラジオ

JUGEMテーマ:日記・一般


 先日の日曜日、私が一番毎週楽しみにしていた文化放送のラジオ番組、「キンキンのサンデーラジオ」が突然終わってしまった。
 1時の時報とともにテーマ音楽が始まり、伊藤佳子アナウンサーの「キンキンのサンデーラジオ」のアナウンスとともに「略してキンサーーンーーー」という愛川欽也さんの声で、いつものように番組が始まったのだが、そのすぐ後に
「今日をもちまして、キンキンのサンデーラジオは、終わる事になりました」と宣言したのだ。

 いったいどういうことだかわからないで困惑してしまったが、何の予告もなく突然番組が終了したのは、メインスポンサーが昨年の末日一杯で降りてしまい、その後1月からスポンサーになってくれる企業がみつからなかったためというのが理由とのことだった。

 それにしても、あまりの突然の番組打ち切り宣告とは、私の知っている限りでは、このような終わり方をした番組ははじめてだった。
 
 番組が進行する中で、伊藤アナも愛川欽也氏も時々声をつまらせる場面がしばしばあった。これはスポンサーがみつからない状況のなかで番組を継続させていたが、メインパーソナリティである愛川欽也氏にはなにも知らされないまま、文化放送内部で4月からの新番組が決定されてしまい、この放送がある直前に「キンサン」の後番組が既に決定済であることを人づてに愛川欽也氏の耳に入ったということが、文化放送と愛川欽也氏との関係がこじれる最大の原因となってしまったということのようだ。

 メインスポンサー捜しは、文化放送サイドだけではなく愛川欽也・うつみみどり夫妻も奔走していたようで、番組の中でもしきりに「この突然の番組終了は、私自身の力不足で・・・・」という言葉を何度も繰り返していた。さぞ悔しい思いで最終回となった番組を進行していたに違いないと思う。
 
 私はキンキンの出演していた番組では、「おはようこどもショー」のロバくん、TBSラジオのパックインミュージック、フジテレビ「なるほどザワールド」テレビ東京の「キンキン・ケロンパの歌謡曲」などを特に楽しみにしていた。みなそれぞれとても懐かしい番組ばかりだ。たまたま文化放送と劇団ふるさときゃらばんがタイアップして「ミュージカル体験塾」を始めたことで、この写真を撮るようになり、文化放送のラジオ番組にも親しむようになったが、「キンキンのサンデーラジオ」はその中でも一番最初に毎週聞くようになった大好きな番組だった。

 いつも日曜日の昼間1時から4時までの時間に自宅にいるわけではないので、カセツトテープに録音しておき、夜寝る時にそれを聞くような習慣になっていた。
 この番組を聞いていると、かつてのパックインミュージックや歌謡曲の番組の時代が帰って来たような気がして、とても気分が癒される。伊藤佳子アナウンサーとの相性も抜群で、トークの部分では大笑いすることもしばしばあった。「やさしすぎるニュース」のコーナーでも現在の政治の状況を誰にでもわかりやすく解説してくれたので、このコーナーも楽しみの一つだった。
 キンキン本人は伊藤アナウンサーとともに、あと10年、20年身体の続く限り番組を続けたいとの意向を持っていたので、一リスナーとしても当然そうなるのだろうと思っていた。テレビの番組はなかなか長寿番組となるものは少ないほうだが、ラジオはその点で息の永い番組が非常に多い。10年くらいは最低でも続くだろうと思っていた。
 従って今回の突然の番組打ち切りは、この番組を楽しみにしていた多くのリスナーにとって、非常に大きな衝撃だっただろうと思う。
 
 また、その終わり方も最悪の形でのものだった。普通なら民放の番組のスポンサーはプロデューサーや局の営業担当者が責任をもって取ってくるものだろうと思う。
 また、メインパーソナリティを勤めるタレントさんとも、番組出演の契約を交わし、期間を区切りつつ更新してゆくものだろうと思うのだが、今回の一連の動きでは、出演するタレントまでスポンサー捜しに動員されたあげく、本人の知らないうちに次の番組を決定してしまうというのは、会社組織として一体どういうことなのか・・・・。
 文化放送としては、愛川欽也氏からも、スポンサー企業からも大きく信頼を失う結果となってしまったのではないだろうか。つまり大失態ということである。

 前代未聞の放送打ち切りという結果を招いてしまった文化放送には、大いにその体質改善を望みたいと思う。と同時にラジオ番組を誰のために放送しているのかという原点を考えてほしい。リスナーためではなくスポンサーのための放送になってしまっているようなら、今後ますますラジオ番組を愛するリスナーが減ってしまう。
 100年に一度という突然の大不況の中で、いかにしてこれまで文化放送の番組についてきてくれた多くのリスナーを手放さず、しかもきびしい経営環境の中で、良心的な番組を続けて行くかという難題を克服する手段を冷静に考えて欲しいと思う。
 

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 20:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
キンキンのサンデーラジオ (02/18)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM