<< SOS!地球船公演無事終了 | main | 久しぶりの撮影 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


10期卒塾式

JUGEMテーマ:日記・一般


 今日、文化放送メディアプラスホールにてミュージカル体験塾第10期生の卒塾式があった。わたしも一年分の写真をまとめて収録したDVDを人数分持って、卒塾式に出席した。

 総勢83名の10期塾生たちが、終了証書をもらった。さらに、一年間一度も欠席しなかった皆勤賞と欠席3日以内の精勤賞の塾生が会わせて53名もおり、最終期ということもあったのかもしれないが、とても成績の良い10期体験塾だった。

 最終公演での入賞者数も、キャパ2000人の渋谷C.C.レモンホールに一回目は1700人、2回目は1400人のお客様が入場され、この記録も10年間の公演の中でトップの成績だったとのことだ。

 お客様からのアンケートの回答は、来年以降も続けてほしいという声が多数あり、また、公演の内容も現代の地球環境問題をしっかりと捉えた素晴らしい作品であったとの評判もいただき、大成功のうちに終演することができたといえるだろう。

 私個人のこの一年間は、決して成績が良い一年だったとは言えず、特に10月までの期間は最悪のペースだった。後半なんとか持ち直し、最終的には平年並みの撮影枚数まで到達したが、一時は定期公演まで撮影を続ける事ができないかもしれないと思ったほどだった。
 平年並の撮影枚数というのは、大体15000枚から20000枚の間くらいなので、5期の開始時から10期までのトータル枚数は約10万枚ほどになる。

 今年の10期生のために作成した写真のDVD1枚には、1528枚の写真を収録したので、昨年のものよりも5割ほど収録枚数がアップしたことになる。これは年度途中までの体調不良による撮影回数の減少を考えると、後半の追い上げが結構順調だったともいえる。

 塾生の撮影は、プロの役者たちとはだいぶ違うので、シャッターを押すタイミングはそう簡単には訪れてくれない。そこをなんとか「絵」にするために、あれこれとフレーミングを変えたり、角度を変えたりしながら撮影する。また、多人数のグループごとに写真をまとめることが多いが、個々の表情などがすべて揃うようなことはほとんどない。
 従ってその多人数のなかのもっとも輝いている人を基準にして撮影していく。そうすると動きや表情が不揃いで緊張感に欠ける場面であっても、そのうちの一人だけでもキラリとするものが捉えられると、その人がその画面の「ヘソ」的な存在となり、結構引き締まって見えるようになる。

 これは本番の舞台でも言える事で、ドン決まりの場面のみを狙っていてもシャッターは一枚も押せないで終わってしまうので、基本的には「ヘソ」になる人物を決めてシャッターを切っていく。
 そのような撮影方法をとってもかなり空振りのカットが出てしまうので、結果として年間2万枚近くの写真を撮影することとなる。

 今年もその方法で撮影したなかから1500枚の写真をチョイスしたから、これらの写真すべてがバッチリ決まっている写真とは限らないのだ。それでもDVDに収録する写真の中に入れるのは、やはり塾生の一年間の記念になる写真としてDVDを作成しているので、このへんは写真展レベルの写真の選択とは異なる選択方法である。

 はたして10期生83人の記念写真として喜んでもらえるかどうか、気になるところだが、塾生の皆さん、きょうは無事終了されて、おめでとうございました。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 22:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
10期卒塾式 (03/29)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM