<< 134年前の鱒 | main | 三軌展 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ラブホテルライブ



 昨夜、「チビチポリ」というライブに行った。
 スバン子からのお誘いで聞きに行ったが、ライブ会場の場所が、渋谷の円山町にある「WOMB LOUNGE」というところで、ラブホテル街の中心にある場所だった。

 渋谷マークシティを道玄坂方面に抜けるとすぐに、道玄坂上交番前の交差点がある。
 ここを渡りセプンイレブンの角を入ると、そこはもうラブホテルばかり並ぶ町並みになる。

 渋谷は大学にも通っていたし、親戚もいるのでどちらかというと新宿よりもずっと身近かな街だが、この円山町の一角はいままで歩いた事がない場所だった。道の両側に
「4時間3,800円」と書いた看板がずらりと並んでいる。表通りには大勢の人やクルマがあふれているというのに、この一角は人通りも少なく、一瞬にして大都会の街中からどこかの地方の田舎町に迷い込んだ錯覚に落ちてしまうようだ。
 
 一応会場の地図を持って歩いていたが見つけられず、きょろきょろとしていたら、大きなライブハウス風の建物の前に出た。そこでガードマンに尋ねてみると、すぐ前のホテルの裏側がライブ会場の入口であることがわかった。

 まるで倉庫のような建物で看板もなにも出ていないので通り過ぎてしまったのだ。中に入るとすでに何人かの客が開演を待っていた。

 ライブのテーマである「チポリ」とは移動遊園地という意味だそうで、2年前にノルウェーでスパン子がライブをしたそのままの内容を、渋谷で再演するということで聞きにきたのである。
 もともと子ども向けの企画だったせいか、小さい子どもを連れた母親も何組か会場に来ていたが、子ども達はなかなか始まらないライブにしびれを切らして、店内ではしゃぎまわっていた。
 
 いよいよライブ演奏がはじまったが、第1部の「チビチポリ」の部では、スライドを上映しながら生演奏をするという形式だった。これ自体はおもしろい企画なのだが、スライドの内容と演奏の内容がよくわからず、期待はずれの内容だった。子ども達の反応もシビアなもので、演奏などそっちのけで歩きまわっていた。

 第2部もそれほどの内容とはいえなかったが、第3部の「マイヤ・バルー」の演奏は素晴らしかった。ボーカルとフルートがマイア・バルーという女性(日本人)、ベースギターがアブドゥール智、パーカッションが駒沢れお(日本人)という3人の編成だが、特にパーカッションとボーカル、フルートが見事だった。残念ながらベースギターの音は若干にごりが感じられて、他二者と較べてしまうとイマイチの音だった。もう少し余裕のあるアンプを使用すれば、ぐんと音は良くなるだろうと思う。

 正直なところ最初の演奏が終わったら帰ろうかと思う気分だったので、最後まで聞いていてよかったと思った。
 機会があれば、またマイア・バルーのステージを聞いてみたいと思う。

 会場を出て寒風の中、ラブホテル街を足早に駅に向かって歩いていると、先ほどの看板がみんな「一泊8,500円」に変わっていた。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 22:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
ラブホテルライブ (05/15)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM