<< ラブホテルライブ | main | 楓子撮影 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


三軌展

JUGEMテーマ:日記・一般


 きのう国立新美術館で開かれている「三軌展」に行ってきた。知り合いのGさんが絵画作品を出展しているので、招待券をいただいたからだ。
 昨年も行ったが、絵画、写真、彫刻等の作品が展示されており、その数は膨大なものだ。昨年は最初からじっくりと時間をかけ過ぎたため、展示作品の最後のほうは相当に疲れてしまい失敗したので、今年は全体を流して見るようにして、はっと眼が止まった作品だけを時間をかけて見るようにした。

 プロの作家と違い会員、会友の作品なので、そのレベルはまちまちだが、絵画の作品については、どれも皆大型の壁面一杯になる大きさのもので揃えられている。その分迫力は充分なものが感じられる。

 Gさんの作品は、ここ数年連続シリーズとして製作されているようで、各年に製作された作品を一同に並べてみると、その風景が連続するように製作しているとのことだ。今年は画面上方に青い空がちらりと覗いて見えて、画面の中心は水が流れ落ちているある建物の部屋の一角の風景のような作品になっており、彼女独特の世界観を構築している。

 作品群はどれも撮影可能だったので、私も手持ちの携帯電話のカメラで撮影してみた。ブログトップの写真中央がGさんの作品である。

 写真や彫刻作品もすべて観賞したが、オーソドックスなものからユニークなものまで広い展示室をゆったりと観賞できたので、とても楽しむ事ができた。

 夕方からは私の所属している写真団体の例会に出席した。今月の最終土曜日と日曜日に毎年恒例の「楽しい写真教室」が開かれるが、今年はもう10名の参加希望者が集まっているという。昨年まではフィルムカメラとデジタルカメラの比率が半々くらいだったが、今年はついに参加者全員がデジタルカメラの愛用者となった。
 私がサブカメラとして使用しているニコンD80を愛用している参加者が3名おり、その他の人たちもほとんどがデジタル一眼レフカメラを所有している。コンパクトカメラは2名ほどであった。このような特徴も今回が初めてであると思う。デジタル一眼レフカメラの価格も、性能が非常に高いモデルでも低価格化が進んでおり、はじめて写真を趣味にしたいと思う人でも気軽に手に入れられるようになったからかもしれない。

 私は今年、講師を努めることになっていないが、なるべく多く受講生の人たちと接して、わかりやすく適切なアドバイスができればと思っている。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 09:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
三軌展 (05/17)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM