<< 横浜JAZZプロムナード2009 | main | プンダリーカライブと一泊旅行 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


縄文祭り2009

 

 きのうの土曜日、江戸東京博物館で第6回縄文祭りが開かれた。
 私は、この催しのオープニングとエンディングの舞台を依頼されて撮影した。

 撮影と撮影の間は、講演と対談があったのだが、この中で私は国学院大学の小林達雄先生の講演を聞く事ができた。

 縄文時代のことについては、ほとんど知識がなかったので、小林先生の講演はとても興味深く聞く事ができた。 

 1万3千年もの永きにわたって続いた縄文時代は、現代日本の文化にとても多くのものを残している。
 縄文時代に生きた人々は、自然と一体の生活を営み、人間同士の戦争も自然破壊も一切ない時代の中にいた。これはそれよりも前の時代の生活から較べると、土器を創り、集落を形成してそこに定住するところから始まるが、大陸と決定的に違うのは、縄文人は集落のとなりは原であり、自然そのものが広がっており、その自然の恵みの一部を自然から分け与えられて生きていた。
 しかし大陸のそれは、定住する集落のとなりは野良であり、開拓をしてゆく対象だった。開発をするということは、自然との対話は存在せず、征服する対象であったという部分が日本の縄文文化と決定的に異なる部分であったということだった。

 自然と対話することにより、例えば「風がそよそよふく」「雪がしんしんと降る」「小川がさらさらと流れる」というような自然が語りかけてくることを「言葉に」あらわして後世に伝え大和言葉となって現代に伝承されている。このような自然の表し方は、大陸の文化の中にはみられなかったことだという。

 また、その当時生きていた人々は、すでに現代人と変わらぬ知能と知識や感覚を持っていたという。英国で開催されている土偶展で見られるような様々なものの表現を多数残している。また、集落は、夏至と冬至に太陽が昇り、そして沈む場所がよく見渡せるところに発達しているという。これもまた、天文学的感覚は現代のそれと大差がないという。

 この小林先生の講義の内容をあまりうまくまとめることはできないが、あっという間の一時間半だった。

 また、オープニングとフィナーレに行われた舞踊と演奏は、非常に神秘性と迫力に溢れ、素晴らしい舞台だった。

 とても興味津々な催しなので、来年も楽しみにしたいと思う。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 17:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
縄文祭り2009 (10/18)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM