<< 猛稽古の一日 | main | 謹賀新年 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


年末恒例

 

 今年も今日で終わり。あしたは2010年を迎える。

 今年も毎年恒例となっている年末の一泊旅行に行ってきた。場所は箱根。
 昨年は箱根でいつも利用しているホテルの予約が取れず、伊東温泉まで足を伸ばしたが、今年はかなり早いうちから予約を入れたので、希望の日程で泊まることができた。

 昭島に住む友人と毎年ほぼ同じ日程で、この一泊旅行を一年のしめくくりとして行っているので、もう15年くらいにはなると思う。

 箱根は中央高速の八王子から入り、河口湖と山中湖を経由して御殿場から箱根仙石原に出るコースで行くので、距離的にはとてもちょうど良いコースになっている。

 お天気キャスターの橋詰尚子さんのブログにもあるように、今年は年末から年始にかけて猛烈な寒波が日本に来るとのことで、クルマのタイヤをスタッドレスに履き替えるなどして準備していたが、今回は幸いなことに、雪の中を走ることはなかった。
 
 しかし河口湖から山中湖に抜ける国道の気温が、例年であると8度くらいなのだが、今年は1度だった。出発した八王子で、午前9時半ごろで8度くらいだったので、山中湖の周辺はとても気温が低かった。籠坂峠を越えて御殿場に出ると6度くらいだったので、やはり山中湖のあたりは昼間でもとても寒い地域なのだろう。

 初日は11時半にはポーラ美術館に到着していたので、渋滞もなく途中休憩なしで、約2時間で箱根に到着した。12月生まれの人にはプレゼントがあるとのことでアンリ・マティスの「襟巻の女」の絵はがきをもらった。
 年末だというのに、館内はかなりの人でにぎわっており、年末年始を箱根で過ごす人たちも相当いるような気がする。

 ゆっくりとレストランで昼食をとり、館内の展示をひととおり見たら時間は3時半をまわつていた。今回新たに驚いたことというと、あの睡蓮の作品で有名な画家のモネは、画家として大成功をおさめた人で、広大な庭の敷地を持つ邸宅を買い取り、さらにその敷地を広げながら自分の理想とする庭を造園してゆき、睡蓮を敷地内の池に育てて、その風景を自身の作品に描いていたということだった。自宅の庭のなかに川が流れているような広大な敷地がどれほどの規模だったかは、一般庶民には想像の域をはるかに超える規模であることは間違いないと思うが、モネがいかにしてそのような大成功を画業でおさめたのかという点には、とても興味があることだった。

 二日目はいつものように日本画の作品を展示する成川美術館に行った。今年亡くなられた平山郁夫画伯の作品を、この成川美術館では初期の作品から収蔵している。以前ここの館長が来館者に展示作品の解説をしてくれたが、平山画伯の使用する群青の絵の具は、一瓶300万円すると聞いてびっくりしたことがあるが、天然の貴重な鉱石を使って作られたその「青」の深い色合いは、とても深みとこくのようなものがあり、彼の作品には無くてはならない色になっていることは確かなことだと思った。
 来年4月から成川美術館では、平山郁夫氏の追悼作品展を開くことになっている。ということで、平山郁夫氏の富士山を描いた作品の複製を購入した。ここに使われている群青色は、もしかしたら一瓶300万円の絵の具の色かもしれない。

 今回は往復の高速道路も一般道も渋滞がなく、きわめて順調なドライブとなった。燃費も前回のリゾナーレ小淵沢に行ったときよりも少し良くなり、11.8㎞/ℓを記録した。また先日購入したセルオートSR-350SEの性能も優れていたため、スピード規制の案内をわかりやすく表示してくれたので、運転していてとても安心だった。画像表示と音声で細かく案内するので、高速道路では重宝する。GPSによる速度の管理なので、自車のスピードメーターの表示速度と実速度とのギャップがよくわかる。私のクルマの場合、時速100キロ表示で実速度は時速90キロだった。時報や高速道路上のサービスエリアの案内もしてくれるので、ほんとうに便利であった。この機器はおすすめの一台である。ちなみに私はコネコネットのサイトからこれを購入した。

 来年は自分にとってどんな年になるか、いまのところ想像もつかないが、デフレと不景気のダブルパンチの経済状況だけは、なんとか民主党政権により脱してもらいたいものだと思う。

 それでは良いお年を・・・・・。


スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 16:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
年末恒例 (12/31)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM