<< 東京タワーと帝国ホテル | main | 西荻窪サンジャック >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


リーガルサポートシンポジウム

  先日、リーガルサポートの研修の一環として、司法書士会館で「医療行為の同意に関するシンポジウム」に出席してきました。
 
 これは、成年後見人には、被後見人の主に終末期医療に対する、後見人の医療行為への同意権が法的に認められていないことによる様々な問題点が、現場で発生していることについて、そろそろ「医療同意法」の制定が必要に迫られているなかで、現状では、医療分野、法律分野等でどのような見解が示されていて、今後どのような方向でこれらをまとめてゆくかという論議があるかを、それらの分野の専門家により発表、議論されたものでした。

 一通り各分野からの専門家による現状の問題点と、こりからの議論や方策などが発表されて、それなりの理解はできたものの、それでは一体どのようにして現場が抱えている問題点に対して、それらのことを法的に解決してゆくかということになると、それぞれの分野の意見が散漫となりまとまりがつかないような状態であるような印象でした。

 少なくとも現場では、そのような専門的な意見や見解よりも、即刻対応しなければならない問題の解決策を望んでいるわけで、とりあえずは家族も親戚もいない被後見人に対する医療行為に対しては、後見人の同意権を法的に認める方向で立法してほしいというのが、私の個人的な意見です。

 家族や親戚などがいるような被後見人であれば、それらの人たちに連絡をとり、重大な医療行為に対して同意を求められる可能性があるので、成年後見人も医師も法的に損害賠償等に後々問われるリスクは少なくなると言える訳で、今一番困っているのが、身寄りのまったくない高齢者の被後見人であるので、一日も早くそれらの人たちに対する後見人による同意権を法律的に認めてほしいところだと思いました。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 21:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
リーガルサポートシンポジウム (02/23)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM