<< 最近のライブ | main | この2カ月を振り返る >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


三軌展を観賞


 先日、国立新美術館で開催された、「三軌展」に行ってきました。この絵画展は、絵画作品ばかりではなく、造形、彫刻、工芸、写真等の作品も含まれた展示で、私は3年ほど前から、この会に所属する画家、後藤泰江さんから招待されて観に行くようになりました。

 後藤さんの今年の作品は、このブログのトップの作品ですが、砂漠の中のオアシスと遺跡のような景色を照らす淡い月と鮮やかな空のブルーが印象的な作品で、彼女独特の個性溢れるものでした。この絵画展に出品する彼女の作品は、毎年連作であり、年に1枚ずつ連続した景色が出来上がっていくとのことです。毎年1枚づつしか観ることができないので、5年ごとくらいに、連続した作品群として観てみたいと思いました。

 その下の作品は、テレビ、ラジオ等でおなじみの吉田照美さんの作品です。ウルトラマン、ゴミ袋とカラス、郵便ポストなどが描かれており、どことなくユーモラスな作品でした。

 その他個人的に印象に残った作品をアップしましたが、どの作品も作者の個性と創造への情熱が感じられる作品が多く、じっくりと観賞していたら、数時間では足りないくらいの展数でした。

 今回は時間の関係で、写真の作品は割愛しましたが、また来年が楽しみな絵画展です。 

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 21:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
三軌展を観賞 (05/17)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM