<< 背景は自由自在 | main | D7000の驚異の性能 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


白バラの話題

(この写真は、文化放送HPより転載)

 先日水曜日の夜、文化放送「菅野しろうのアナログ情報バラエティ・・・白バラ」をいつものように聞いていたら、番組冒頭に私が番組宛に送ったメールが読まれました。

 このメールは、先週の放送で、加山雄三「君といつまでも」の曲が流れたので、その話題について番組宛に私が送ったものでした。

 「君といつまでも」は東宝映画、「エレキの若大将」の劇中に歌われた曲で、「しあわせだなぁ・・・・ボクは君といるときが一番しあわせなんだ・・・」というセリフが入るということもあり、このセリフとともに大ヒットした曲でした。

 私は当時中学生で、小学生の弟と一緒に「ゴジラ対メカゴジラ」の映画を観に行ったのですが、この作品は「エレキの若大将」と二本立てで上映されており、劇場に入ると「エレキの若大将」が上映中でした。途中から見始めてエレキの若大将が終わり、「ゴジラ対メカゴジラ」を全編見終わったところで、弟が帰りたいと言い始めたため エレキの若大将は全部のストーリーがわからないままこの時は終わってしまったのです。

 しかしそのときのエレキギターを弾きながら「君といつまでも」や「蒼い星くず」をうたう若大将役の加山雄三さんがとてもかっこよくて、映画を観たあとすぐに、この曲のレコードを買ったのです。自分のお小遣いでレコードを買うのはこれが初めてで、同時に怪獣映画から青春映画に目覚めたきっかけになった、思い出深い作品になった映画でもありました。

 「エレキの若大将」はあれから全編のストーリーを知らないまま20年以上経過してしまったところで「レーザーディスク」化(DVDではない)されたので、これを購入して、ようやく全編を通しで観ることができました。

 ということで、番組へのメールには書ききれなかったことをちょっと追加させてもらいましたが、自分の書いたメールが番組で読まれるような経験は初めてだったので、番組を聴いていて、とても驚くとともに、感激でした。

 白バラはアナログ世代にも、デジタル世代にも楽しめる番組なので、ナイターをラジオで聴いていた人は、シーズンオフの期間も、ぜひこの番組を聴いてほしいと思います。
 お酒が好きな菅野アナウンサーが、毎回タニタの体重計にのり、体重だけではなく、内臓脂肪率や身体年齢などを計測するコーナーがあるのですが、メタボ族もそうでない人にも興味深い情報が得られたりします。
 しっかりとスポーツ情報コーナーもあり、スポーツアナウンサーが担当するバラエティ情報番組としての面白さが十分伝わってくる内容です。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 10:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
白バラの話題 (10/22)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM