<< 週1回のペース | main | ちょっと大きすぎ・・・・ >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


突然お亡くなりになりました。

  昨日、クルマで外出しようと、運転席のドアをキーリモコンのスイッチで開けようとしたら、まるで無反応でした。

 そこでドアのキーボックスにキーを差し込んでドアを開けて、運転席に座りエンジンキーを回したのですが、やはりなんの反応もありません。

 ATのシフトポジションも正常のP位置にあり、数日前にガソリンを満タンにして車庫に入れていたので、エンジンがかからない理由がわかりませんでしたが、バッテリーが完全に死んでいました。

 何の前触れもなくバッテリーが上がってしまうような経験は、いままで一度もなかったので、とても不思議な気持ちがしましたが、クルマに詳しい友人に聞いてみると、最近のクルマのバッテリーは、突然寿命が来て昨日しなくなることが珍しくなく、彼の会社で使用している営業車のバッテリーも、いつものようにお得意様の会社に駐車して、いざ帰ろうとするとバッテリーが完全に上がっていることがあるそうです。

 予兆が全然ないので、そのような時はとりあえず応急処置として、その場に別のクルマがあれば、バッテリーのコードで結線してエンジンを掛け、最寄りのガソリンスタンドでバッテリーを交換して帰社するそうです。

 運悪く廻りに一台もクルマがいない場合などは、JAFを呼んで対応するか、その場にクルマを置いたまま帰り、後日別のクルマで取りに行くしかありません。

 普通車では、3年から4年ほど、軽自動車では2年から3年ほどでバッテリーの寿命が突然来るとのことで、特にこれから本格的な冬の季節をむかえるので、クルマを所有している人は油断できません。

 ちなみに私は、幸いにも自宅のガレージだったので、すぐにスバルのディーラーに連絡をして、バッテリーの交換と、ついでにスタッドレスタイヤに交換もしておきました。
 新しいバッテリーはパナソニックのブルーバッテリー「CAOS」です。このバッテリーはパナソニックでは最高峰の製品で、極めて高性能で従来型のバッテリーと比較すると、大きさがおなじでも、その容量が大きくなっているので、性能に余裕があります。
 ネットでの評判を読むと、燃費が少し良くなったり、車内のオーディオの音が良くなるというものが何件もありました。
 私のクルマでは、取り替える前よりも加速性能が良くなったように思います。といっても数値的にはそれほどでもないかもしれませんが、これはあくまでも体感できる範囲ということです。

 それにしても、寿命がくる直前までなんの予兆も出ないというのは、時限爆弾をかかえて走っているようなものなので、とても困ったものだと思いました。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 22:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんばんは!
ひらタイの声を見に来ました。
またご縁があったらご協力くださいませ!
さざき様・・・ひらタイの声欄はStudio Loft98のHPに載せてあります。そちらのページへリンクさせていますので、ぜひご覧下さい。
  • loft98
  • 2010/12/16 10:31 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
突然お亡くなりになりました。 (12/10)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM