<< ブラボー野口健 | main | 日舞発表会 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


コダックが・・・・

    

 先日の新聞記事で、米国イーストマンコダック社の経営破綻を知り、衝撃を受けました。

 私は2000年から、写真撮影をすべてデジタルに切り替えましたが、フィルム撮影をしていた期間は、カラー撮影の方が少なく、7割方はモノクロ撮影でした。

 そのとき使用していたフィルムはコダックのトライX・T-MAXでした。
 トライXは、まだ国内フィルムメーカーでASA400の高感度フィルムを生産していない時代から販売していたコダックの世界的に知られているフィルムで、プロ、アマチュアを問わず愛用者が世界中にいました。

 カメラマンが個々にこのフィルムの現像レシピを作成して、それぞれの撮影方法に合った使い方をしていました。

 また、T-MAXはトライXの進化型で、高感度でありながら超微粒子を誇る性能を持っていましたが、現像時間にシビアであったので、使いこなすのに「こつ」が必要なフィルムでした。

 日本のフィルムメーカーでも高感度フィルムを生産しましたが、コダックと日本のメーカーの決定的な違いは、日本のメーカーでは新しいフィルムを開発し、販売を始めると、旧製品を生産中止にしてしまうのに対して、コダックは新しいフィルムを開発、販売しても、従来の製品も生産、販売してくれるので、特にプロカメラマンにとっては非常にありがたいメーカーでした。

 プロにとっては、長年使ってきたフィルムには、それぞれに多くのノウハウを蓄積させて使用しているので、新たなフィルムが発売されたとしても、それにすぐに飛びつくわけではありません。
 むしろ愛用しているフィルムはずっと使い続けるのが普通だったので、日本のメーカーのように簡単に生産中止をしてしまうのは不都合なことが多かったといえます。

 とても良心的な体質を持った米国の大企業が、まさかの経営破綻をしてしまったのは、もしかしたらこのような日本企業との体質の違いからかもしれません。

 デジタルカメラが出現してからというもの、その進歩のスピードは非常に速く、みるみるうちにフィルムカメラを駆逐してしまうことになりました。
 私がデジタルカメラを使用し始めた頃は、当然のことながらフィルムの性能の方がデジタルファイルよりもずっと上でした。私の周りにいたカメラマン達にも、デジタルカメラなど話にならないと馬鹿にするような風潮がありました。

 しかし現在では、35ミリフルサイズのデジタルファイルは、かつての4×5インチフィルムの画像に匹敵するといわれ、645サイズのデジタルデータは8×10インチフィルムの画像に匹敵するといわれています。

 このような時代の潮流に乗り遅れてしまった結果、コダックは経営破綻してしまったといえることだと思いますが、老舗企業が時代の流れに合わせて、その体質を変える難しさを改めて知らされるニュースでした。

  

 もう一つは、ニコンから新たなフラッグシップ機が発表になりました。D4です。

 個人的にはこの新型機よりも、D700の後継機であるD800の発表を待っていたのですが、タイの洪水のために、生産スケジュールが大幅に狂ってしまい、このような結果になったようです。

 しかし、クチコミ欄の情報によると、D800の生産をタイから日本に変更したようで、2月には発表されるようです。これがほんとうなら、2月が待ち遠しい気持ちです。

 ちなみにD4はすでに発売前予約が始まっており、価格com.では58万円でした。発売は2月16日からと予告されています。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 09:38
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
コダックが・・・・ (01/23)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM