<< 箱根へ | main | 一度は言ってみたかった注文 >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


箱根に行ってきました

 

 日曜日から一泊で箱根に行った。宿泊はいつものとおり仙石原のハイランドホテルだ。ハイランドホテルは今年創業50周年とのことで、数年前から少しずつ内装等を改装していたが、ことしの50周年記念の年に間に合うように事業をすすめていたようだ。
 ここに宿泊するようになって14-5年になるが、最近はレストランが拡大されたり、客室の模様替えがあったりしていた。今回は大浴場がガラリと改装されており、洗い場などは使い勝手がよくなっていた。しかし脱衣所などは以前よりもスペースが狭くなったようで、広々感がなくなってしまった。
 宿泊棟は内装もきれいになり、相変わらず居住性がいいのだが、以前は24時間バックグランドミュージックを流しているサービスがあった。このスイッチを客室でオンにしておくと、読書などしている時がとても心地よかったが、改装とともに省略されてしまい、テレビがドンと置いてあるのみである。
 レストランのフランス料理は相変わらずとても美味しくて、満足いくものだ。以前は「ラフォーレコース」と「オールドワインコース」の二種類のレストランでコース料理が選べたが、現在はラフォーレのみになってしまったので、これはぜひ復活してほしいと思う。朝食はアメリカンブレックファーストのみではなく、和食とフレンチジャポネという五穀米を使ったリゾットを選べるコースがあり、楽しみが多い。
 このハイランドホテルの前身は、團 琢磨氏の別邸で、関東大震災の際に、同氏が同じ箱根の別の場所に所有していた別荘が破壊されてしまったため、この仙石原に2万坪の敷地と別邸を建築したのだ。それをホテルに改装し、老朽化のため一度現在の基の建物に立て替えてホテル開業50周年を迎えたのである。長期滞在を前提にしているので、夏の季節になると40日間も毎年滞在する常連客もいたようである。

 我々は男二人の独り者同士の宿泊なのだが、はじめて宿泊したときはゴールデンウィークの前半あたりだった。ホテルの到着が遅くなることがわかっていたので夕食はチェックイン前に別の場所で済ませてしまい、翌朝の朝食がこのホテルでのはじめての食事だった。一緒に行った友人が朝食のときのレストランでのゆったりとした雰囲気がとても気に入り、それ以後は毎年冬の28日ごろに宿泊するようになった。
 今回はお互い同時期に身内の不幸があったので、それぞれ一段落つけることができたことで、ここに二人で宿泊することにした。骨休めの目的だったが、私はひきはじめの風邪がかえって悪化してしまい、月曜日には早々に引上げて来た。
 でもこのハイランドホテルは、何回来てもホットできる空間があるので、飽きる事がない。

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 18:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
わー! 超良い感じ!(^o^)
新芸座公演の打ち上げは是非ここでしましょう!
赤澤さんのおごりで。。。(笑)

  • Honj
  • 2007/07/13 3:32 AM
私も大賛成です。
その時は関係者ということで、混ぜてください。
もちろん赤沢さんのおごりで・・・・
  • loft98
  • 2007/07/13 12:21 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
箱根に行ってきました (07/10)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM