<< 便秘を退治する・・・ | main | ああ野麦峠、本番舞台は・・・ >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ああ野麦峠ゲネプロ撮影・・・

ああ野麦峠ゲネプロ撮影・・・

 きのうの夜、今日から開演の劇団新芸座公演「ああ野麦峠」のゲネプロを撮影した。
 このブログを初めて読む方に、劇団新芸座のことをちょっと説明しておく。
 劇団新芸座は武蔵野・三鷹地区で活躍するアマチュア劇団で、もう25年の歴史を持っている。劇団を主催するのは、赤沢勇司氏で、もちろん演出も手がける。
 今回の「ああ野麦峠は、創立25周年記念講演として、ミュージカルの要素を入れた演出になっている。劇中の歌や踊りは今回のためにつくられた。また、太鼓と笛の演奏が生で入る。

 さて、撮影した機材は、デジタルカメラでニコンD80のボディにAFSVR-ED-18-200ミリズームレンズのみを使用した。このレンズには手ぶれ防止装置が内蔵されているので、撮影時に三脚に取り付けて撮影してもブレてしまうリスクを最少に抑えてくれる。
 また、会場が武蔵野市吉祥寺シアターなので、客席がとても傾斜の強い設計となっている。舞台上の役者の目線よりも少し上くらいから撮影しようとすると、思いのほか舞台に近い場所でないとならない。ここで1本のレンズで、舞台のほぼ全景と役者のアップを撮ろうとすると、この焦点距離をカバーするズームレンズがぴったりである。難を言えば開放絞り値と最望遠側の絞り値が暗いということだ。
舞台撮影では、より開放値の明るいレンズの方がシャッタースピードを稼げるので有利である。

 しかし不利な条件のもとで撮影した割には結果は良かったと思う。今回は思いきってD80のオートエリアAFモード機能で撮影した。これは11点のAFセンサーをフルに使って、ピント合わせはすべてカメラまかせにしてしまうもので、非常に暗い部分の多い舞台では大活躍だった。露出はマニュアルモードで撮影したので、ファインダー内のスポット測光による露出で手動でシャッタースピートを設定しながら撮影していった。たまに露出オーバーになったコマもあったが、大体アンダーで揃えることができた。デジタルカメラでの撮影に露出オーバーは絶対禁止である。

 ということで、あらためてこの18-200ミリのレンズ性能の良さを実感した次第である。これ一本あればほぼ万能にどこででも使う事ができる。
 ニコンでデジタルカメラを考えている方には、自信を持っておすすめできる組み合わせである。個人的にはD40のボディよりもこちらをおすすめする。なぜならば、ファインダー内のAFセンサーの数がFD40よりも多く配置されているので、撮影が楽だからだ。とくに老眼がある方にはAF機能がすぐれているボディの方が、買う時に少し高くても長い目でみれば得だろうと思う。レンズもまたしかりである。
 
 「ああ野麦峠」の公演は、武蔵野市吉祥寺シアターで7月26日から29日までやっている。
 開演時間 27日  14:00 19:00
      28日 14:00 19:00
      29日 14:00
会場はすべて開演の30分前。
 料金は当日券 3,000円
    前売券 2.800円

スポンサーサイト

  • 2012.12.25 Tuesday
  • -
  • 20:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
新型インブルエンザマスク
ああ野麦峠ゲネプロ撮影・・・ (07/26)
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM